ホーム > 就業規則の新規作成

就業規則の新規作成

就業規則の不備は、会社の根本を揺るがすトラブルを引き起こしかねません。

就業規則の新規作成

会社と社員との同意の基盤であり、コミュニケーションの基本になるのが、就業規則です。
問題社員に対する処置も、就業規則で定め、プロセスをしっかりと踏むことにより、大きなトラブルになることなく進めることが可能になります。

会社設立時に作成した就業規則を、そのまま改正なしで使っている場合もあります。
毎年改正される労働法による義務や条件、社会環境の変化に対応していない場合もあります。
そのような場合も、トラブルを引き起こす原因になってしまいます。

社員との話し合いにより避けられるトラブル、そして法令で定められていることを知らないことで起きてしまうトラブル。
それらを避けるために、社員と会社の共通認識を確認するためにも、一度、しっかりとした就業規則を定めることをお勧めします。

会社のトラブルを避けるために

就業規則について、こんな誤解をしていませんか?
就業規則はネットで見つけたひな形で十分だと考えている
就業規則は、経営者が自由に考えてつくるものだと思っている
まだ社員が10名未満だから、就業規則はいらないと思っている
社員はみんな仲間だから、就業規則がなくても大丈夫
就業規則がなくても話せば解決すると考えている
就業規則をつくったが、社員への周知はしていない


それは大きな間違いです!
会社と社員とが納得し共有する基本ルール、それが就業規則です。
それは、経営者の考え方を反映するものであるとともに、法令が定める条件を満たすものでなければなりません。

法令は、毎年多かれ少なかれ部分的に改正されています。
会社が知らなかったことでも、社員はネットで得た知識などにより、会社の待遇や処遇に不満を持つことがあります。

会社が大きくなったときに、困らない、もめない、気持ちよく働ける。
就業規則づくりは、会社の理念の実現にとって、大変重要な作業です。

>>ユナイテッドブレインズの就業規則新規作成へ
アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒231ー0011
横浜市中区太田町4-55
横浜馬車道ビル3階

【営業時間】
9:00~17:00

【定休日】
土・日・祝日・年末年始

お問い合わせ 詳しくはこちら