ホーム > 就業規則の見直し

就業規則の見直し

毎年改正される法令・通達への速やかな対応。
就業規則の定期的な見直しは、健全な雇用関係を守るための基本です。

就業規則の見直し

時代背景や働き方の変化に応じて、労働法は毎年改正されています。
そして、インターネットにより、労働法の改正についての知識は、誰もが簡単に得られるようになっています。
一方で、その知識の習得が中途半端なために、さまざまな誤解を従業員の間に生んでしまうこともあるようです。

それらの誤解や齟齬によって、従業員が自分の会社の労働条件が悪いと考えてしまうこともトラブルの要因になります。
また、法改正を知らないがために、定められた処遇を取り入れられず、知らず知らずに違法な雇用条件になっている場合もあります。

それらは、会社にとって大きなリスクです。
そして、そのリスクは、就業規則を定期的に診断し、見直すことで最小限にとどめることが可能です。

健全な雇用関係の維持のために、そして法令遵守のために。
社会保険労務士法人ユナイテッドブレインズは、就業規則の見直しをお勧めいたします。

就業規則でトラブル!!

時代に合わない就業規則が、さまざまなトラブルを引き起こします。
会社を守るためにも、就業規則の見直しは大切です。


SNSへの社外秘情報の書き込みに対する処置など、時代とともに、労務管理の要件は変化しています。
法令の改正に規則が追い付いていないことによるトラブルも多発しています。
法令の改正をしっかりと反映しながら、時代状況によって要請される社員の管理も明文化していくことで、不要なトラブルを予防できます。
定期的な就業規則の見直しで、法令違反を未然に防止し、労務トラブルを避けましょう。

問題が起きる前に、しっかりと予防。

それがトラブルを大きくしないためには必要です。
就業規則の見直しで、こんなトラブルを予防できます。

従来通りに運用していたのに、残業代の未払いについて指摘された
SNSへの書き込みなどにより、情報漏えいした社員を懲罰の対象にしたい
社員が、会社の業務データを持ち帰って、漏えいさせてしまった
出産・育児社員に対する待遇が決まっていない
非正規社員から、現在の法令に準じた待遇の改善を要求されている

>>ユナイテッドブレインズの就業規則見直し
アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒231ー0011
横浜市中区太田町4-55
横浜馬車道ビル3階

【営業時間】
9:00~17:00

【定休日】
土・日・祝日・年末年始

お問い合わせ 詳しくはこちら